白い歯をとりもどすために


歯の色が気になる場合において、以下の原因が考えられます

1、歯の表面への汚れの付着
2、歯の色がもともと暗い
3、虫歯の治療をしたあと(つめ物、かぶせ物)の変色

原因によって、アプローチが異なります。

汚れの付着に対しての治療法


タバコを吸う人はヤニなど、吸わない人もコーヒー紅茶やワインなど歯の表面にはステインと呼ばれる汚れが付着します。
この汚れは、研磨剤の含有した歯磨き粉などを使用することによりご自分でも落とすことができます。
しかし、歯石も一緒に付着している場合もありますので定期的に歯科医院で汚れを落とすことが望ましいです。
私たちは歯の表面磨きをPMTCとよびます。保険も適応されますので安心です。
予約の際に「PMTC希望」とお伝えいただくとスムーズです。



自分の歯の色をもっと白くする


表面の汚れをきれいに落とした後でも色が気になる場合は、歯の色がもともと暗かったり黄色いのです。
この場合は歯の色を変えていく方法があります。

・ホワイトニング
ブリーチ(脱色)剤を使用して歯の色を白くしていきます。
ブリーチ剤はジェル状のものを使用し、歯につけるために専用のトレーを作製します。


・かぶせ物で色を変える

ラミネートベニア
歯の表面を薄く削ってそこにセラミックで作製したベニアを貼り付ける方法

クラウン
歯を削って全部かぶせる方法、歯並びも少しかえることができます
材料はセラミックがベストです

つめ物、かぶせ物の変色に対しての治療法


レジン充填など、歯と歯の間に詰めたつめ物が変色した場合は、詰めなおすと治ります。



レジンはかならずまた変色してきます。詰め物が大きい場合や、見た目を改善するためにかぶせ物にする選択がより好ましい場合もあります。
保険のかぶせ物はレジン(プラスティック)のため変色します
この変色は上のPMTCやホワイトニングでは取れません。
改善するにはかぶせ物をやりかえるしかなく、その際セラミックを選択するのがベストです。





初診の流れ
当クリニック初めての方へ


ブログ
ブログ


診療時間
診療時間


アクセス
アクセス


院長
院長紹介


院内写真
院内の紹介


審美
審美歯科


料金
料金表


英語
English・中国語


求人
求人


オンラインショップ
オンラインショップ